2007年12月

ここでは、2007年12月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


楽天マイワンを利用するメリット

IT系と呼ばれる融資会社の中でライブドアクレジットとともに主導的な役割を演じているのが楽天のマイワンと呼ばれる、あの楽天市場が母体となったローンです。

楽天マイワンの良さは低金利です。6.9%~という低金利は利用額が大きくなるほど低金利になりますので、利用すると返済が非常に楽であることに気づきます。楽天マイワンの限度額は500万円までとなっていますが、これも一般の融資が200~300万円程度の限度額であることを考えるといかに高額な限度額です。

もちろん、利用しない場合はそこまで必要ではないです。しかし、限度額が高いということはその会社の資金力を証明するものです。楽天の資金力はすでに大手銀行並みの力をっもっているともいえるのです。そして、資金力があるということは、貸し出しにも積極性があり、融資審査も幅広くなるということです。一般論ではありますが、利用する際に資金力のある会社を選ぶほうがいいのは、この理由にも基づくのです。




スポンサーサイト
ソニーカードSony Cardの力は娯楽エンターテイメントで発揮される


あのソニーカードですので、名前を知らぬ人はいないでしょう。しかし、中身はあまり知られていないカードでもあります。というのは、クレジットカードとしてのイメージよりもむしろソニーのファンのカード、というイメージだからでしょう。

しかし、このSonyCardの使い道は実に豊富です。

年会費は実質的に永年無料です。一度でも使えば無料のままとなりますので。それでいて、海外旅行保険は付いている、ソニー製品は3%オフで買える、ソネットは5%オフ、など割引となるプログラムは数多く、使うほどにメリットは出ます。

エンターテイメント系の割引はさすがに強いですので、そちらの方に興味がある人には訴えます。

ソニーカードは、どちらかというと、ファン好みのカードですが、実は利用者は男女、年齢を問わずにメリットを享受できます。

いいカードです。

三井住友銀行系アットローンは即日キャッシングも可能な融資


さて、大手銀行系の融資でもうひとつ安心で早いローンですが、三井住友銀行系アットローンはやはり大手であり利用者を多く抱えている良いローンです。


貸付利率は15.0%~18.0%で、限度額 1万円~300万円(初回申込み時は200万円まで)、審査は5秒回答というウェブサイトからの申し込みとなります。ウェブサイトから融資可能金額を即座に仮確認できますので、それから申し込みをするかどうか考えればいいので、それも安心材料です。

前にも書きましたが、大手ほど結局は安心で早いです。小さい会社ほど、結局は借りても高金利であとあと大変ですし、その上、大手の方が借りている人は圧倒的に多いのです。小さいほうが小回りがきいて、貸し出しも早くて楽、というのは、あまりあてはまりません。

いいローンは大手からあたりましょう。


<貸付条件>

●商品限度額    :300万円以内 ※初回申込み時は200万円まで
●遅延利率     :年率21.90%~26.28%
●担保・保証人   :不要
●ご利用いただける方:満年齢20歳~65歳の安定した収入のある方
●申込時必要書類  :ご本人様の氏名・住所・生年月日を確認できる運転免許証、健康保険証、パスポートなど本人確認書類※50万円を超える融資を受けるには「収入を証明するもの(写し)」が必要です。
●返済方式     :残高スライド元利定額返済方式
●契約期間     :5年毎更新
●資金使途     :自由
●ATM情報      :三井住友銀行、プロミス、全国主要コンビニなどのATMで24時間ご利用可能。

 本社 アットローン株式会社 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル
 TEL 03-6253-8868 登録番号 関東財務局長(3)第01236号

ライブドアクレジットはIT系ローン会社の代表格・安心、信頼の融資です



ライブドアはすでに日本中で知られる著名なIT会社となりましたが、そのライブドアの金融関連会社がライブドアクレジットです。このライブドアクレジットは、発進以来大変な反響を呼んでいます。

最も大きな反響はその融資額です。1万円から10億円までの融資幅、というもはや大手銀行並の資金力で融資をおこなう体力をもっているのです。そして、その体力をもとに、個人ローンの実績を大幅に伸ばしてきました。

大手の仲間入りしたライブドアクレジットは、そでにプロミスやディックなどともに大手系の低い金利での融資も行っており、利用者側には非常に安心感と信頼感が育っています。

ライブドアクレジットのウェブサイトからは、仮審査でどのくらい借りれそうかなどもすぐわかりますし、申し込みもウェブサイトから可能です。ライブドアらしくインターネット上で多くのことが完結し便利です。

審査のスピードは、申請してから1~2日程度は時間を見たほうがいいでしょう。しかし、審査自体は幅広い可能性をもっています。というのは、やはり資金力が違いますので、積極的な貸し出しもできるのです。中小で「誰でも融資OK」などの宣伝も見ますが、おそらくそれよりはるかに安心で、結局はそれよりもよほど審査も幅広いはずです。資金力はそんなところにも反映します。そして、低金利での運営も可能ですので、中小の非常な高金利ともことなります。

ライブドアクレジットは、前向きな経営を行っている会社で、幅広い人が利用できる会社なのです。ウェブサイトをみてください。そこには、「自己破産、債務整理前にご相談ください」とも書いてあります。10億円のお客さんも、困った状況になったときもライブドアは間口を開けてくれる会社でもあるのです。

申し込みのときは、プロミスにも同時申し込みできます。プロミスは業界では、おそらく最も口コミ評判がいい会社です。このプロミスに同時申し込みはなさっておいたほうがいいでしょう。将来、様々なシーンで2社を使い分けておけば、それも便利なはずです。

もし、女性であれば、ライブドアが女性向けに行っているローンが萌えローンです。かわいい雰囲気のウェブサイトですが、女性であればこちらも利用できます。内容は同じです。





DCキャッシュワン・早い審査と便利な即日キャッシングのカードローン


DCというと、先にクレジットカードのほうが思い出されるでしょう。それはCMを目にする機会の多さなどで当然です。このDCは三菱東京UFJ銀行系の会社であることはすでに知られていますが、そのため、クレジットカードなどの金融商品はどれもが安心感を持っていて人気です。

この会社のDCキャッシュワンは、クレジットカードではなくカードローン専門のキャッシングカードです。しかし、このDCキャッシュワンもやはり利用しやすいため利用者は多いカードローンです。

大手銀行系ですと、まず安心感がありますが、その上、このDCキャッシュワンは3秒審査という超特急審査で、即日キャッシングも可能です。

よく、審査が厳しいのでは?という質問も受けますが、これは一般論として言えば、中小の会社でしばしば「誰でも通る審査、甘い審査」などと宣伝しているところもあります。しかし、これは、もし本当に審査が甘ければ中小金融会社はすぐ倒産します。それで、彼らの方は審査を甘くして、金利を非常に高くとります。

それであっても、実は審査を通る確立は、それでもこのDCのような大手の安心ローンのほうが実は高かったりします。

これは、当然、中小ほど顧客をたくさんほしいこととで、そういった宣伝になるのですが、常識的に考えれば、大手の方が資金力があり、審査も幅広くなるのは当然です。それでいて、大手は金利も低く抑えてきます。

当然、大手ローンのほうがいいのです。安全で安心で低金利で早いのです。
宣伝だけ見ると中小のほうがケアがよさそうにも見えるでしょうし、なかにはそういった会社もあるでしょう。しかし、できるだけ大手のローンを利用したほうが全てにおいて利点は多いです。

DCキャッシュワンは大手会社のローンですが、利用しやすい筆頭レベルの良いローンです。






アイワイカードは主婦の友?



イトーヨーカドー、ロビンソン百貨店、オッシュマンズなどをしばしば利用する人であれば、このアイワイカードは便利でしょう。

セブンイレブンのATMなどでカードローンとしても利用でき、年利が18%ですので、大手銀行の利率レベルでかなり低い良いカードローンとしても機能します。


買い物ごとにポイントがたまりますので、年間1万円や2万円分のポイントはおそらく楽にたまるでしょうし、それを利用してまたなにかを購入するにも楽しみもあります。


主婦感覚のカードですので、男性的な行動派カードというイメージはありません。日々、買い物をする人、それも上記の店を使うならポイントももっとたまりますし、便利さも出てきます。

初年度年会費無料ですが、2年目以降の年会費はおそらくポイントで簡単に還元してしまうでしょう。



三井住友VISAカードっていいカード?


ビザカード(VISAカード)と聞いて、長い間クレジットカードを利用している方ならおそらくは「住友VISA」という名称を思い出しませんか?
VISAカードは、最初は日本では住友銀行が提携して始めたカードです。そして、それが今は三井住友VISAカードとなりました。

VISAは今はほとんどの国際カードと提携していますので、VISAがほしい場合、特に三井住友VISAを取得する必要は今はありません。

ですので、正直言えばこの三井住友VISAカードはあまり特徴がなくなってきたカードかもしれません。銀行系でお堅いイメージもあり、また、審査もしっかりやっていますので、その分多くの人が取得しているというカードでもないです。

では、どんな時に利用できるでしょうか。
現在は、下記のようなタイプのカードがあります。

三井住友VISAクラシック

三井住友VISAアミティエ

三井住友VISAバーチャル


正直言えば、とてもとてもオーソドックスなカードです。
これをもつ意味は、おそらくはある程度のステータスでしょう。レギュラーカードであっても、三井住友VISAはVISAのオリジナルカードのようなものです。ですので、やはりそこに元来のオリジナリティを見出す人であれば、持つ意味も大きいでしょう。

しかし、ポイントをためたり、様々な生活シーンで楽しみを持ちたいなら、年会費も無料のカードで今はこれらの銀行系カードを上回るサービス機能を持つクレジットカードはたくさんあります。代表的なのは、NICOS VIASOカードシティ クリアカードライフカードなどでしょう。

クレジットカードもなにか世代間の違いを感じる今日この頃です。




PIAカード、ぴあカードは映画とチケットと娯楽のカード


もし、自分がエンターテイメントの生活を送っているなら、もし、映画が好きなら、もし、コンサートによく行くなら、そしてもし旅行にしばしば出かけるなら…案外忘れているのが「ぴあカード・PIAカード」です。

最近では、ぴあカードはどちらかというと人気チケットのPIAカードというチケットぴあのイメージが優先していますが、実は隠れたメリットも多きいのです。

コンサート、演劇、映画、そしてどんなチケット争奪戦となろうと、ぴあカードを持っていると有利さが相当増してきます。専用電話が使えたり、申し込みのチャンスが倍増するなどの会員特典がありますので、たとえば大好きなアーチストのコンサートでチケットが絶対にほしい場合などは、これだけでスタートから有利となります。

また、レストラン、映画、旅行などで割引をえられる特典も備わっていたりで、使い始めるとそれぞれの生活シーンでかなり役立ちます。

若者カードのイメージはありますが、今の所有者はすでに年代を超えて利用しているようですので、もう若者だけのカードということでもないです。

ネット上から申し込んで最短で5営業日で発行となります。アクティブな生活にはとっておいて損なしのクレジットカードです。初年度は年会費無料です。




NTTグループカードは携帯族や長電話人間には重宝します


永年年会費無料で、どこまでのサービスを期待しますか?
そんなクレジットカードはかつては持っているだけのカードでした。しかし、今では、年会費無料でも凄い内容がつまったカードが次々と出てきています。

そんな中で、3年連続でYAHOOの人気クレジットカードナンバーワンに輝いたのが、このNTTグループカードです。なにが凄いのか?

これは人気があるカードです。人気があるということは、大衆性があり、誰でもがメリットを受けることができるカードということです。

そのメリットとは、NTT電話、NTT携帯、OCNの利用料金が最大で60%オフになるという大変なメリットがあるのです。電話や携帯電話を年間にどれだけ使っているか計算したことはありますか?もしなければ、一度試してみてください。おそらくほとんどは10万円以上、それも多い人となると、全部で20万円以上にもなる人すらいます。

そんな人が、このカードを利用していくと、ディスカウントがどんどんできることになります。1年で考えると、それは豪華なレストランでの食事もなんどかできるほどの節約にもあたります。

それ以外にも、
ホテルが20%オフ
ガソリンが最大40円/1Lオフ
海外旅行2~5%オフ
全国2万店で最大20%オフ

など、メリット満載。そして、今入会すると、もれなくもらえる豪華プレゼントあり。

これで、年会費無料です。


ここまで揃ったカードであるなら、入るかどうか、ではなく持っているほうが得なのです。会費は永年ゼロですので。なにもリスクなしでメリットだけを受けていくカードです。








Nicos 携帯電話を多用する人へ、ニコス携帯カード(ニコスケイタイカード)Nicos


携帯電話をよく利用しますか?
もしそうであれば、このNICOSケータイカードはお得感があるクレジットカードです。


初年度年会費無料で次年度から本人会員1,575円(税込) ですが、この年会費を支払ってもおそらくはその分以上がキャッシュバックされる可能性が高いです。

携帯利用、100円につき2ポイント。
ショッピング利用、100円につき1ポイント。

1ポイント=1円換算となりますので、もし携帯電話で2000ポイントためるとすれば、10万円分年間携帯電話で利用すると2000ポイント(2000円キャッシュバック)で年会費以上は還元されます。もし、仮に1ヶ月1万円携帯で利用する人だと、年間で十分取り返せます。おそらくは、それ以上に買い物もするでしょうから、年間1万円かそれ以上を取り返せる人の方がおおくなってきます。

もし、キャッシュバックで使った分を少しでも取り戻したい人で、携帯電話を多量に使う人ならなおさら、このカードは「得する」カードと変身します。

次は、ポイントの注意点です:

NICOSケータイカードポイントのご注意

1. ポイント獲得について
● キャッシングサービス、年会費、各種ローン、保険料、その他所定のものはポイントの対象外となります。
● カードご利用金額のうち100円未満の端数は、ポイント換算されません。
● カード締切日・事務処理等の関係でポイントの換算は、カードのご利用日に関わらず、各月の請求時に行います。

2. ポイント有効期間について
● お客様のご入会の翌月から12ヶ月(1年)となります。
3. 還元を受けられない場合
● カードのご利用代金のお支払いが滞った場合や、カード会員資格を喪失した場合は、ポイントの還元は受けられません。











低金利で安心のローン、そして無利息・そんな融資ある?



シティバンク、という名前は聞いたことある方が多いでしょう。もし、聞いたことがない方であれば、この名前は覚えておいても損はないです。世界的な銀行であり、おそらくは日本の大手銀行よりも世界では知名度も上、信頼性も上です。そのくらい世界の利用者に多くのサービスを提供し、信用を勝ち得てきた銀行がCITIでもあります。

一度利用してみるとわかりますが、CITIバンクは対応や相談も柔軟で、日本の銀行にありがちな「ちょっと人を疑ってかかってくるような視線」は感じることもありません。要するに「貸せるならどんどん貸し出す」という積極性があり、日本のほとんどの銀行が行ったような貸し渋りはこのCITIバンクでは聞きません。

そのシティバンクの系列で経営されているローンが、ディックです。内容も素晴らしく、初回利用であれば30日無利息という条件、そして初回なら12.88から17.88%の低金利となります。この金利はフレ幅がすくなく、ありがちな最低金利は一ケタでも、結局は小額融資だと20%後半になるような利率ではないです。

そして、このディックは即日キャッシング可能な早い審査体勢もあります。また、最後に加えると、やはりこれだけ柔軟性を持つ以上、大手ではおそらく最も幅広い人に可能性を持った融資なのです。もし、「安心、速さ、低金利、融資を通したい」そんな条件をすべて満たして考えるなら、このディックからトライすることは賢明な判断のひとつです。

今、もっとも利用者を獲得しているローンのひとつでもありますが、それだけいろいろなタイプの人たちに対して窓口が広い、ということでもあります。

本田ちよ、というユニークな商品名の学生ローン


学生ローンで今利用者が多いのは、本田ちよの学生ローンもそのひとつでしょう。学生になぜ便利かというと、この会社もホームページからオンラインで予約できること。それに来店不要で、即日キャッシングされて、金利も19.2%と落ち着いていること。そして、20年近い歴史もあるので安心感もあること。

学生が利用する際に、変なトラブルに巻き込まれないような会社でないとまずは危険。そのためには、計画的なローンももちろんですが、最初に歴史や安心感のある会社を選んでおかないとなりません。

学生ローン「本田ちよ」は、長い間学生との信頼関係をもってローンを手伝ってきたので、そのあたりは利用者が多い所以でしょう。

本田ちよは、学生ローンだけでなく、一般のフリーローンやレディスローンもあつかっていますので、ローンに関してはある程度名前は知れた中堅企業です。

ユニークな名前が手伝って知名度もある程度ありますが、学生ローンを利用するときはある程度は知られている会社、または歴史が長い会社などを選ぶといいでしょう。

オリコのカードローン、クレストは隠れた良いカードです


オリコというと最初はクレジットカードのイメージが最近は強いでしょうか。しかし、オリコは昔から信販会社として活動してきた、立派な融資のエキスパートでもあります。そのオリコが最近力を入れているカードローンがあります。

クレストは、オリコでは現在最も使いやすいカードローンでしょう。もしかすると、クレジットカードでキャッシングするよりも楽な面すらあります。

一番のポイントは、最短25分で審査が終わり、即日キャッシング可能である点です。これは、相当早いようで、使った人からは速さに驚いたようなコメントも聞かれます。金額は100万円以下になりますが、急ぎの時は、ウェブサイト申し込みで完結しますので、これは利用価値はあります。

また、オリコも立派な大手金融会社ですので、その金利に注目するとやはり低金利です。7.8%~18%は、カードローンの中ではトップレベルの低さです。それも、限度額300万円で7.8%という利率は結構すごいです。

たとえば、楽天のマイワンなどは、6.9%からの金利となっていて、このオリコクレストよりも低いですが、楽天は500万円が限度額ですので、500万円近くにならないと6.9%とはなりません。

なので、あの大ヒットカードローン、楽天のマイワンとなんら変わらないレベルの金利をこのクレストは実現していることになります。


オリコは、クレジットカードでもそうですが、カード会員獲得には極めて積極的です。そしてそれはカードで融資することに積極的ということでもあります。このクレストはいいカードローンです。

レディスローンのレイクレディスローンは初回30日間無利息




GEコンシューマーファイナンスの経営のレイク。外資系の融資会社として、現在はいい商品を提供してくれています。

レイクの【レイク】レディースローンが、いま利用者を増やしている理由は、まずは、初回30日間無利息という新規会員の条件が非常に良いことです。これなら、初めての利用ならレイクを使うほうが得でしょう。

その上、レイクの場合、15~18%と金利も幅を狭く設定していて、100万円の限度額の中であれば金利のブレもすくなく、安心感もあります。

来店不要で、即日キャッシング可能、というウェブサイトからの申し込みで完結する楽な審査も手軽でいいです。



さて、ここまでの条件でレイクは素晴らしく有利なローンであることはわかってきましたが、それでも、まだ比較されたほうがいいレディスローンがあります。CITIバンク系の大手外資系銀行をバックにもつユニマットレディスです。

このユニマットレディスは、おなじく30日間初回金利なしの条件でありならが、初回金利も12.88~17.88%とレイクレディースローンを上回っています。条件だけ見れば、ユニマットレディースはレイクよりも上位になります。

では、どちらを利用すべきか、に関しては非常に判断は難しく分かれます。どちらも好評です。ただ、ユニマットのほうが利用者の声はよく聞こえてきますが、満足度は高く、幅広い方々が利用できる積極融資を行っている経営姿勢も見えます。





ライフプレイカードは若者から熟年までの便利なカードローン


即日キャッシング可能で、若者を中心に利用者が増えているのがライフプレイカード
です。イメージとしては、確かにライフは最近は若者路線を走っている感がありますので、そうなるのも当然ですが、実は、このカードローンは老若男女を問わず利用しやすいカードローンです。


一番楽なのは、24時間ウェブサイトから申し込み可能で、最短即日キャッシングです。そして、15~18%の大手水準の低金利でありならが、1日単位の利息で、無駄なくご利用可能。月々4,000円からのお支払で、ゆとりを持って返済も可能。また、金融機関や全国142,000台の提携ATM・CDで、利用可能。近くのライフカード店またはライフキャッシュプラザの窓口でも、当然利用できます。便利さが多いのです。
次はATMの例です。

・JCB
・ジャックス
・ディーシーカード
・丸井
・マイカル
・イーネットのATM
 (ファミリーマートなどに設置)
・ビブレ
・サティ設置のCD
・UFJニコス
・井筒屋ウィズカード
・JR西日本ファイナンス
・GE
・イオンクレジットサービス
 (ジャスコグループ)
・オリエントコーポレーション
・クレディセゾン (西部・西友)
・楽天KC
・アイフル

また、細やかな心遣いとしては、プライバシー保護も十分に考慮し、ご利用明細書を送付しないということも実施しており、なかなかいいサービスとなっています。

まずは、どなたでも利用しやすいカードローンですので、クレジットカードのように財布に入れておくと万一の場合便利でしょう。諸条件は下記をご覧ください。

ご融資額
1~200万円


必要書類:
運転免許証、健康保険証等(要審査)。なお口座自動引き落としをご希望のお客さまは、金融機関届出印が必要。ご融資が50万円を超える場合は、別途指定の申込書が必要。
利息:     実質年率15.00%~18.00%
ご返済方式: 残高スライド元利定額リボルビング方式
遅延損害金: 実質年率29.20%
返済回数及び期間:  1~120回(ヵ月)(自動継続更新)
担保・保証人: 不要
その他:    自営、パート、アルバイト(一定収入のある)方も可






OMCオーエムシーの自由だ(Jiyudaジユーダ)カードは利用方法多数あり


OMCのクレジットカード「Jiyu!da!ジユーダカード」をご存知でしょうか。

これは、クレジットカードですが、単なる後払いになるクレジットではなく、利用方法が多いメリット多いクレジットカードです。

このジユーダカードをどんな風に使えばメリットを引き出せるか?

次の会社側の説明をご覧ください。
「Jiyu!da!カードなら、ショッピングご利用代金のお支払いは今までのカードのように「翌月1回払い」ではありません。 いつでもお好きなときに、お好きな金額を「よゆう払い」にてお支払いいただけます。また、毎月のショッピングお支払い金額「月々払い」も自由に設定いただけます。 」

以上が会社OMCが出しているこのカード案内です。
つまり、支払日や支払い額を自由に決めていい、というカードです。

これは、かなり意味があります。本当に支払いが自由になるカードということです。今までは、なにかを買うと、毎月決まった日に定額を引き落とされます。しかし、このカードなら自分でそれをコントロールできます。

旅行にいってから旅費は後払い、買い物をして後払い、それもすべてゆとりができてから…そんな生活も可能になります。そして、このカードは年会費永年無料です。

キャッシングも16~18%の低金利で、最大50万円まで最初は利用可能ですのでローンカードとしても利用できます。

まずは、このカードをもつと買い物、生活計画がかなりゆとりがでることを実感するかもしれません。利用する人しだいで、楽しみも利用方法も倍増するクレジットカードです。





シティファイナンスジャパンをうまく使う方法


即日キャッシングが必要な場合「即日振り込みローン」があります。これは50万円までの場合ですが、このシティファイナンスジャパンのローンでは最も利用する人がおおい商品です。

融資額:1~50万円 即日振り込み可能
急な資金が必要な方・時間に余裕がない方、来店不要で即日お振込み。
以上が、この商品のテーマですが、下記に詳細を記載します。

▼ 即日振り込みローンの詳細
実質年率 : 18.25%~29.2%
返済期間 : 5年以内(60回)
返済方法 : 元利均等返済/元金均等返済/一括返済
ご利用対象者 : 満20~65歳の方
必要書類 : 免許証・保険証・パスポートのいずれか1点
担保・保証人 : 原則として不要
遅延損害金 : 29.2%

問題があるとすれば、金利が少々高めです。なので、借りる期間を短めに設定するほうがいいでしょう。これよりも低金利の商品ですと、大手銀行系のローンを利用するほうがいいです。その場合は、20%以内の金利で収まると思われますので、ディック、スタッフィ、モビット、アットローン、プロミス、などを利用するほうが一般的には常套手段です。
このシティファイナンスジャパンは、むしろ、上記のローンがどうしても難しかったときなどは利用しても価値あると思われます。または、大至急資金が必要なとき、となります。たしかにシティファイナンスジャパンに即日振り込みは便利です。


ただ、次の「おまとめローン」は使い道はあります。
数社のローンを抱えている方、それをこのシティファイナンスに一本化すればおそらく金利は下がり、返済は毎月楽になるでしょう。この金利等は次のとおりですが、これは決して悪い水準ではなく、利用価値もあります。

融資額:1~500万円 即日振り込み可能
他社お借り入れの多い方・月々の返済額を減らしたい方のローン。

▼ おまとめローンの詳細
実質年率 : 12.0%~18.25%
返済期間 : 5年以内(60回)
返済方法 : 元利均等返済/元金均等返済/一括返済
ご利用対象者 : 満20~65歳の方
必要書類 : 免許証・保険証・所得証明
担保・保証人 : 原則として不要
遅延損害金 : 29.2%


この「おまとめローン」はおそらく一番有名なのが、阪急グループのスタッフィ300でしょう(右のコラムにリンクがあります)。300万円までのおまとめであれば、このスタッフィ300から利用するほうが常道です。もし、500万円までとなるなら、このシティファイナンスジャパンを利用するといいでしょう。


即日キャッシングで幅広い融資可能性の「しんわ」


不動産担保ローン、ビジネスローン、ビジネスカードローン、つなぎローン、広告ローンなど、主にビジネス関連のローンを貸し出すのが「しんわ」。しんわは、この12月から一般へのフリーローンを中止し、ビジネス系のローンに専念することとなったようです。

ビジネス融資のしんわというイメージで生まれ変わったことになります。

もともと、融資条件も幅広く様々な人が利用するローンもキャッシング商品として持っていましたが、ここまで事業転換をして、ビジネス中心にしたということは、これからこの分野では相当力をいれてくることが予想されます。

もちろん、この転換の理由はグレーゾーン撤廃や総量規制の時期に合致していますので、しんわもその時代の波の中でとった判断であることが予想されます。

かつてのフリーローンを期待していた場合は残念なことですが、しかしなgら、今後は事業者ローンでかつての積極営業姿勢を維持するものと思われますので、経営者のかたには朗報かもしれません。

銀行はあいかわらず安全な融資しか行いませんが、問題は事業者にとっては「即時の判断で可能となる資金繰り」でもあります。そんな生命線を維持するときにしんわをパートナーとして持っておくことはいい選択でもあるでしょう。しんわ事態がビジネスローンで生まれ変わる時期でもありますので、この時期は様々な相談や申請が可能となるいいチャンスでもあるからです。

ビジネス資金には朗報です。そして、しんわの将来も期待したいと思います。




DCキャッシュワンの即日キャッシングは評判上々


三菱東京UFJ銀行グループであり、その信頼感はやはり大きいです。それがDCの強みであり、クレジットカードから、融資事業にいたるまで、やはりこの大手銀行系の資金力と体質があたえる安心感は利用者を集めています。

特に、このDCキャッシュワンが出てからDCは顧客収集に成功を収めています。理由としては、この実質年利が12.0%~18.0%と、非常に利用す安いレベルに落ちていることです。よく10%台からの金利であっても、結局は小額利用ですと20%を超えてくることのほうが多いのですが、この金利では18%までで収まるという前提になります。

また、300万円までの利用限度額を持つと同時に、50万円までの小額融資はネットで申し込みが完結します。もちろん、50万円以上でもネット申し込み可能です(多少手順がことなります)。そして、審査は3秒審査という短時間をも可能としています。
*詳細はホームページに書かれています。

審査はホームページ上でも仮審査として「お試し審査」ができますので、そちらで試してみると、現在何社の借り入れがあり、いくらの融資を受けているか、などの項目を記入し診断を受けることができます。

DCは顧客満足度、口コミも評判がよく、利用者からの信頼も厚いです。もし、DCキャッシュワンを利用するなら、計画的に利用することで今後よき生活のパートナーとなってくれるでしょう。

DCキャッシュワン以外で大手銀行系、そして信頼性から言うと、プロミス、モビット(どちらもサイドコラムに説明あり)などはやはりユーザーの信頼と幅広い融資実績からくる積極性は好評となっています。


最新の住宅ローンの評価、口コミ・楽天住宅ローンとGEマネー住宅ローン


最近は、住宅ローンの潮流もずいぶんかわってきました。特にかつては、住宅金融公庫~銀行ローン~財形ローンなどの流れがありましたが、それも低金利時代になってからは、必ずしも最も効率的で安いとも限らない時代になったといえます。

特に、住宅金融公庫や財形ローンなどは、融資後は必ず自分が住み続けなければならず、賃貸や投資に回すこともできないため、かえって身動きも取れなくなるど、敬遠される理由も出てきています。

そんな昨今、特に新しい住宅ローンで注目を集めているのが、銀行も顔負けの低金利で売り出す、IT系の資金力ある楽天、それに外資系でおなじく巨大な資金量で斬新な商品を作り出しているGEマネーでしょう。SBIなども新らしいいいローンを出していますが、それは明日にでもまた。

まずは、人気の楽天住宅ローンですが、これは20年固定金利のフラット20と35年固定金利のフラット35が共に大人気です。とにかく、2%台の低金利は公庫や銀行の審査の厳しさなどをも尻目に、新しい顧客を凄いスピードで開拓しています。楽天という斬新な企業体質も手伝って、積極的な融資も功を奏しています。「日本で第一位の貸出額を目指す」という会社姿勢はその現れです。

低金利でいながら、積極融資ですので、これは人気もでるでしょう。いい住宅ローンで口コミも好評です。

次に、もし、楽天で不満や問題があるならGE Moneyの住宅ローンもおなじく使いやすいでしょう。外資系の大胆さはこれも特筆物で、35年フラット金利のフラット35は大ヒットとなています。金利も楽天と競合できるレベルで安いです。そして、このGEマネーローンのユニークさは、次のようにそれぞれの立場の人にあわせた住宅ローンを用意していることです。ですので、銀行のような厳しい、難しい、堅い、というイメージの審査での不満も少なく、最初から自分の現状にあったローンを申し込んでいくことができます。

自営業の方
転職3年未満の方
派遣社員の方
契約社員の方
注文住宅をご検討の方
外国の方(for Non-Japanese)
上記に該当しない(スタンダード)


たとえば、銀行にいってローンとなると、自営業者や外国人、派遣社員などの場合は、最初から相当厳しい審査となりますが、GEマネーはそういった人でも可能なローンを準備するということです。ですので、あらかじめ自分でどんな計画を立てられるか、予想もしやすくなります。

楽天とGEマネーはどちらがいい、という比べ方も難しい商品です。両方ともにいいところがあります。金利でけで言えば楽天ですが、幅広さではGEマネーも負けていません。あとは利用する際の判断で、となるでしょう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。