2008年09月

ここでは、2008年09月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



加入で誰でも2000円がもらえます



楽天カードはもちろん楽天市場での買い物では便利です。しかし、実は楽天市場で買い物をする場合、最もメリットが大きいカードはニコスビアソカードというのが定評となっています(詳しくはこちらを)。

ですが、楽天カード入会でもれなく2000ptプレゼントという魅力があります。これを利用しないのはもったいないでしょう。単に得です。カードはいまや数枚は持っている時代ですので、ネットショッピングカードとして、さらに楽天カードがもつ海外旅行傷害保険などのメリットを得るできる意味でも、取得してよいカードです。



次の特徴をまずは確認ください。


●年会費無料
●入会で2000円分のポイントもれなくもらえる特典(2008年6月現在、このポイントは3000円分という超お得キャンペーン中です)
●海外旅行傷害保険が2000万円まで利用可能
●家族カード加入可能(キャンペーンしだいではこれでまた1000円分のポイントゲット)
●取得後は楽天カードでの買い物で100円で1ポイント、楽天市場での買い物なら100円で2ポイントという高額ポイントシステム
●すべてオンラインで管理でき、利用状況などは常にチェックできる簡単・安心のシステム
●毎月、常時なにかしらのキャンペーンがあり、楽天カードを利用すると超高額ポイントを取得できる楽天グループのうれしさ
(プロバイダー契約で3000円分ポイント、その料金支払いで毎月100ポイントなど、このようなメリットがどんどん出てきます)
●マイレージ交換も可能なポイント

これだけに限らず、カードを利用することで得られるメリット企画は次々飛び出します。
おそらくはカードを取得すると楽天利用が楽しくなります。なぜならポイントがどんどんたまって、そのポイントで楽天市場でのショッピングがさらにノーコストで楽しめるようになるからです。楽天にはほとんどの生活用品が購入できる幅広さがありますが、カードでその買い物をしていると、ポイントはみるみるうちにたまります。そしてそのポイントで無料ショッピングを楽しめるというメリットを楽しめます。

その上、楽天カードは審査が早いです。アルバイトの方等でも審査は多くがパスしていますので、いままでカードが取れなかった方などは、上記のニコスビアソカードかこの楽天カードはねらい目です。

審査方法の速さと簡単な手続き


さて、なぜ楽天カードが審査に便利化というと、とにかく簡単だからです。楽天カードのサイトから、自分のデータを記入して送信するだけです。これで、あとはカードが届くまで待つだけです。たったこれだけで手続きは終わります。カードが到着するときに、本人が受け取る必要がありますので、そのときに免許証等のIDを宅急便業者にカード引渡しの際に提示します。それで受け取りも完了です。

楽天カードの申し込みから取得まで

ネット上から申し込み

カード到着まで1週間程度待つ

到着時に身分証明書を提出してカードを受け取る

たったこれだけの1週間程度の時間でカードが発行されるわけです。カードを受け取ったら自分のIDでカード管理画面にログインして各種の設定をすると、上記のボーナスポイントが得られます。簡単きわまりないシステムです。

他社のカードは多くは、申し込みと同時に身分証明の提出もあり、その後審査を経なければなりません。しかし、楽天はこのようにカードが届くまで待つだけです。時に電話がかかってくることもありますが、確認作業の電話のようですので紳士的に回答しましょう。

楽天カードのメリットは取得した後にさらに実感します。
それが年会費無料であり、その上、取得手続きと審査はおそらくは業界でももっとも簡略化されたものかもしれません。
これまでカードをあきらめていた方、または楽天カードを持っていない方であるなら、無料ですので申しこんで取得するほうがメリットは得られるカードです。


ご注意;審査だけをとにかく通したい方であるなら、おそらく一番クレジットカード自体の審査が期待できるのはアコムマスターカードです。とにかくクレジットカードがほしい場合は、こちらにも申し込んでみるといいでしょう。









スポンサーサイト

ノーローンはクレジットカードより得するキャッシングカード



1週間以内なら何度キャッシングしても金利がゼロというカードがあります。これは単純にキャッシングをするならクレジットカードより得するケースが多いです。誰でも、週末資金不足になったり、給料日前に資金がなくなったりは経験があるでしょう。その場合、クレジットカードなどで緊急をしのぐこともあるでしょうけれど、実はこのノーローンは、1週間以内であれば金利がかからないため、クレジットカードよりも得するということになります。クレジットカードは、どんな場合も金利はかかります。


もちろん、キャッシングをほとんど利用しない人は、このカードは不要です。

ですが、もし時々でもキャッシングをする方は、このカードは取っておいて損はないです。今では、このカードは新生銀行系の大手が運営していることもあり、社会人や主婦層では圧倒的な信頼を得ていて、利用者はかなりの数に上ります。消費者金融カードというよりも、生活メリットカードという意味合いが強いでしょう。

ですので、もしクレジットカードとともに1枚持っていると、いざというときは気軽にATMでキャッシングできるようになります。持っていると、結構助かります。








海外旅行傷害保険はすでにクレジットカードで十分対応可能な時代



クレジットカードで何がもっともメリットか?という質問を一般的に行った場合、おそらくはこの海外旅行傷害保険が無料になる、という回答はトップになるかもしれません。そのくらい、一般的にもすでにクレジットカードで得する方法として知られており、浸透しています。実際に、もし海外旅行に行くとなると保険は必須でしょうから事前にどこかしらで加入しないとなりません。しかし、その場合、ここで紹介するクレジットカードと同じレベルの保険をかけるとそれだけでなんと3万円以上も1名当たりかかるのです。どれだけ、このクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険がメリットが高いものかわかるかと思います。

当初、これが出たばかりのころは、本当に事故などの場合サポートが心配などの声も聞かれましたが、今ではそれもほとんど聞こえてこなくなりました。それだけカード会社での体制も整ったということでしょう。


このメリットは利用しないと本当に大損します。もちろん、この保険がカバーしていない分野などは自分で別途加入も必要ですが、基本的な保険としての死亡時、傷害時、などの保険は問題ないはずです。


さて、ここからは実際にどのカードに加入するのがメリットが高いか、ということになります。
今現在発行されているカードの中で人気も高く、メリットも高いとなると、これらのカードを選ぶことになりそうです。






オリコアプティiDカード




オリコの大ヒットカードです。おそらく人気では年会費無料カードの中ではトップレベルでしょう。海外旅行傷害保険も2000万円まで自動付帯で年会費無料です。そのほかにもポイントの貯まるカードとしても知られており、使うほどに早くたまるようになります。そして、JALマイレージバンクともポイントが交換できるのも旅行族にはメリットでしょう。
詳しくはこちらをご覧ください

カードウェブサイトオリコUPty-iD







SBIカード




SBIカードは最近ではすでにメジャーカードに仲間入りしたともいえます。発行数も多く、気になるサービスも超大型になってきました。さすがに人気カードは凄いです。年会費は永年無料ですが、海外旅行傷害保険は2000万円までの旅行代金支払い時のみ付帯という条件です。ですので、SBIを第2位としたのですが、実はそれも迷うところでした。なぜなら、このSBIカードだけはカードを持っていない同行している家族も全員保険が本人の50%までカバーされるのです。つまり最大で1000万円まで同行者のカバーがOKということです。これも経費節減には大いに役立ってくれるカードです。その上、買い物ポイントは脅威の最大1.2%還元です。これもトップクラスですね。
*SBIカードについての詳細はこちらでもごらんいただけます


カード詳細と申し込みSBIレギュラーカード






<カード選択のポイント>

いかがですか?迷いますよね。そのくらい最近のクレジットカードは実力とサービスが凄いのです。なので是非取得して保険は無料にしてください。そして、追加で重要ポイントがあります。

<重要情報>
海外旅行傷害保険は、できればカードを1枚ではなく2枚以上持っているほうが得です。海外旅行傷害保険は最高額の死亡時の金額(この場合2000万円)に関しては合算できないのですが、それ以外のケガや緊急時の出費などについてはカード付帯保険を合算できるのです。なので、海外旅行傷害保険付きカードは2枚から3枚取得しておくと旅行保険は万全です。なぜなら、最も利用する必要が起きる保険は死亡時の保険よりもむしろケガや緊急時の保険だからです。海外でのケガや緊急手術などでは300万円以上や500万円以上かかることも珍しくありません。そのとき、1枚のカードの保険額では足りません。最低でも2枚以上とってください。できるなら3枚あればまず安心は大きいでしょう。

 つまり、もっと言えば、自分で空港などで掛け捨て保険に入ったとしても、3万円も支払ってもそれでも不十分だということです。カードを数枚とったほうが安心なのです。 
*ただし、同じ会社のカードを複数枚持っていても合算されませんので、違った会社のカードを取得してください。よく間違えるのですが、ニコス、DCカード、UFJカード、この3社は今では同じ会社になっていますので、これらは2枚以上あっても合算はできません。

 
 これで晴れて、永年年会費無料で海外旅行傷害保険も生涯無料となります。



楽天カードとJCBカードのキャンペーン


加入するだけで楽天で2000円

JCBカードで3000円もらえる

年会費無料のクレジットカード



楽天カードで2000円

年会費無料カードで単に加入するだけで、2000円もらえるなら加入しておくほうがやはり得でしょう。この楽天カードは加入すると楽天市場ですぐに利用できるポイントが2000円分もらえるのです。ポイントといっても楽天カードの場合は、楽天市場でのポイントですので、ほとんど食品から衣料品、生活のすべての分野で利用できます。よって、これは2000円の現金と等しく考えていいポイントです。確かに得ですし、楽天カードは審査も早く楽といわれています。2000円もらえるうちに取っておくほうが単純に得します。




年会費無料でJCBカードが取れる時代になりました。そして加入で何と3000円です


JCBカードはかつては必ず年会費を取るカードでした。それはなぜかというと、基本的な特典がどんなカードであっても凄いメリットがついているからです。特に、海外旅行や国内旅行などで、またオンラインショッピングで利用するときのメリットは大きく、さすがに日本を代表する日本人のためのクレジットカードと納得します。このJCBカードに今は「タイプセレクトJCBカード」という年会費無料のカードができています。基本特典だけでもメリットが満載ですので、このカードは当然人気カードとなっています。

そして、このJCBカードを取得するだけで2008年9月30日までの申し込みであれば、誰でも3000円分のギフト券がもらえるキャンペーンがあります。加えて。任天堂のWiiも抽選であたります。この情報は詳しくは海外旅行情報で取り上げていますのでそちらをご覧ください→JCBカードのキャンペーンと凄いメリット




キャンペーンの賢い利用方法


これらのキャンペーンはカードを利用する人であれば、どんどんメリットを得るためにカードを取得するのはいまや相当の人が行っています。実際に、この2枚を取得するだけでも、5000円の現金相当額が手に入ります。カードは今は1人一枚の時代はすでに終わりました。また、必要なくなったカードは後日キャンセルしても無料カードであればリスクもコストもかかりませんので、これを利用するのもいまや当然ともいえます。カード会社でも、キャンペーンで加入してもらって、そこからカードのユーザーになってもらえればいいわけですので、もし、どうしてもカードが後で利用したくなくなるなら、それはキャンセルは当然です。

クレジットカードは、メリット満載のものがどんどん出てきています。キャンペーンは賢く利用しましょう。





NTT関連の料金が最大60%オフというまさに驚愕の無料クレジットカード。その上、出光のガソリンが出光カードよりも安くなるという隠れ技あり




NTT関連の通信サービスを利用している人であれば、NTTグループカードは取得して置きましょう。年会費無料でメリットが詰まっていますので、このカードは持っていて得します。NTTグループカードは、Yahoo!ファイナンスクレジットカード情報サイトで、2004年度から4年連続人気ランキング1位を続けている大ヒットカードなのです。

今では、電話に限らずインターネットなどの通信手段は毎日利用する生活になっています。そのメリットを得るカードはさまざま出ていますが、人気と利用便利性から考えて筆頭がこのNTTグループカードです。


NTTグループカードの優れた点は、すでに語られていますが、まずはNTTグループの料金、NTT東日本利用料金、ドコモやOCNなどが最大で60%までキャッシュバックされます。これだけでも強烈なサービスですが、加えて、ポイントが得られます。また、出光SSのガソリンが安くなるという隠れ技もありますので、生活の中ではさまざまなメリットを楽しめます。それでいて、年会費は永年無料です。リスクなし、コストなしで得する生活ということです。


ポイントの利用方法

ポイントコースは、「おまとめキャッシュバックコース」もしくは「ポイントプレゼントコース」のいずれか1つを選択する方式になっていますがどちらがメリットがあるでしょうか。

これはNTTグループ利用代金が月間15,000円未満の場合は、「ポイントプレゼントコース」の選択をするほうがいいといわれています。「ポイントプレゼントコース」では、カード利用1,000円につき10ポイントが与えられ、NTT東西日本、NTTコミュニケーションズ利用は200円につき2ポイントがつきます。獲得したポイントはギフトカード交換の場合、1ポイントで0.83円の交換レートとなります。できます。ポイント還元率は0.83%ですが、一律0.83%というのは結構ハイレベルな換算ポイント還元率です。

NTTグループ利用代金が月間15,000円以上の場合は、「キャッシュバックコース」をとる選択のほうが得するケースが多くなります。ここでは、ポイント還元率1.0~1.5%が可能レンジになります。ただしこれは、出光ガソリンスタンドとキャッシング利用以外のカード総利用が月に4万円未満の場合は、それでも「ポイントプレゼントコース」のほうが還元率だけを見ると得します。

しかし、あくまでポイントは還元率に加えてどちらが希望かで決定すればいいことです。ポイントだけで決めるならカードを使う楽しみも減ります。


出光のガソリンスタンドでもお得


出光サービスステーションでNTTグループカードで支払うと、給油代金がキャッシュバック対象となる「出光キャッシュバックシステム」があります。毎月最低1000円以上を出光で利用すると、翌月から出光SSでの給油代金が1リットルにつき最低2円(軽油の場合は、最低1円)キャッシュバックとなります。出光での月間給油が4万円以上となる翌月は1リットルあたり4円以上のキャッシュバックとなります。これは、値引きが1リットルにつき2年となっている出光マイドプラスカードよりも得する換算率となっていますので、隠れたガソリンメリットカードということができます。

*しかし、もしガソリンだけにメリットやキャッシュバックを追及するのであれば、現状ではJCBドライバーズプラスカードにはかないません。こちらは、どのガソリンスタンドで給油してもキャッシュバック対象となり、最大でなんと30%ものキャッシュバックが可能です。

プログラムNの優れた優待制度

NTTグループカード会員が利用できる優待割引制度「プログラムN」とは、優待割引店舗2万店舗以上がリストされており、相当ネットワークが広い優待制度です。他のクレジットカード会社で同じようにこの制度を特典として利用しているところもありますが、多くは年会費有料のカードですので、NTTグループカードはこの点でも優れています。


その他のメリット

●JTB、日本旅行などのツアーが最大5%オフ
●年間最大100万円まで保証の買い物保険
●現代のネットショッピングに欠かせないオンラインショッピング保険つき





総評としてのNTTグループカード


以上のようなメリットを多く持つNTTグループカードですが、まず年会費無料である以上、どれかが自分の生活でメリットを持っているなら取得して利用しているうちに次第に得するカードに成長していきます。年会費有料であれば、しっかりカードの使い方などを考えてからでないと、取得して年会費だけを失うこともおきますが、年会費無料のカードはむしろ取得できるときにとっておくほうが後々さらに得する生活ができます。


また、申し込みについては、入会して条件がどれかに当てはまるともれなく最大3000円キャッシュバックされます。これはお得な企画ですので、期間中(2008年9月終了予定)であれば是非利用しましょう。詳細は下記のリンクからご覧ください。

以上の申し込み案内とカード機能の詳細については、カードウェブサイトからご覧くださいNTTグループカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。