海外旅行傷害保険は無料クレジットカードで

ここでは、海外旅行傷害保険は無料クレジットカードで に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外旅行傷害保険はすでにクレジットカードで十分対応可能な時代



クレジットカードで何がもっともメリットか?という質問を一般的に行った場合、おそらくはこの海外旅行傷害保険が無料になる、という回答はトップになるかもしれません。そのくらい、一般的にもすでにクレジットカードで得する方法として知られており、浸透しています。実際に、もし海外旅行に行くとなると保険は必須でしょうから事前にどこかしらで加入しないとなりません。しかし、その場合、ここで紹介するクレジットカードと同じレベルの保険をかけるとそれだけでなんと3万円以上も1名当たりかかるのです。どれだけ、このクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険がメリットが高いものかわかるかと思います。

当初、これが出たばかりのころは、本当に事故などの場合サポートが心配などの声も聞かれましたが、今ではそれもほとんど聞こえてこなくなりました。それだけカード会社での体制も整ったということでしょう。


このメリットは利用しないと本当に大損します。もちろん、この保険がカバーしていない分野などは自分で別途加入も必要ですが、基本的な保険としての死亡時、傷害時、などの保険は問題ないはずです。


さて、ここからは実際にどのカードに加入するのがメリットが高いか、ということになります。
今現在発行されているカードの中で人気も高く、メリットも高いとなると、これらのカードを選ぶことになりそうです。






オリコアプティiDカード




オリコの大ヒットカードです。おそらく人気では年会費無料カードの中ではトップレベルでしょう。海外旅行傷害保険も2000万円まで自動付帯で年会費無料です。そのほかにもポイントの貯まるカードとしても知られており、使うほどに早くたまるようになります。そして、JALマイレージバンクともポイントが交換できるのも旅行族にはメリットでしょう。
詳しくはこちらをご覧ください

カードウェブサイトオリコUPty-iD







SBIカード




SBIカードは最近ではすでにメジャーカードに仲間入りしたともいえます。発行数も多く、気になるサービスも超大型になってきました。さすがに人気カードは凄いです。年会費は永年無料ですが、海外旅行傷害保険は2000万円までの旅行代金支払い時のみ付帯という条件です。ですので、SBIを第2位としたのですが、実はそれも迷うところでした。なぜなら、このSBIカードだけはカードを持っていない同行している家族も全員保険が本人の50%までカバーされるのです。つまり最大で1000万円まで同行者のカバーがOKということです。これも経費節減には大いに役立ってくれるカードです。その上、買い物ポイントは脅威の最大1.2%還元です。これもトップクラスですね。
*SBIカードについての詳細はこちらでもごらんいただけます


カード詳細と申し込みSBIレギュラーカード






<カード選択のポイント>

いかがですか?迷いますよね。そのくらい最近のクレジットカードは実力とサービスが凄いのです。なので是非取得して保険は無料にしてください。そして、追加で重要ポイントがあります。

<重要情報>
海外旅行傷害保険は、できればカードを1枚ではなく2枚以上持っているほうが得です。海外旅行傷害保険は最高額の死亡時の金額(この場合2000万円)に関しては合算できないのですが、それ以外のケガや緊急時の出費などについてはカード付帯保険を合算できるのです。なので、海外旅行傷害保険付きカードは2枚から3枚取得しておくと旅行保険は万全です。なぜなら、最も利用する必要が起きる保険は死亡時の保険よりもむしろケガや緊急時の保険だからです。海外でのケガや緊急手術などでは300万円以上や500万円以上かかることも珍しくありません。そのとき、1枚のカードの保険額では足りません。最低でも2枚以上とってください。できるなら3枚あればまず安心は大きいでしょう。

 つまり、もっと言えば、自分で空港などで掛け捨て保険に入ったとしても、3万円も支払ってもそれでも不十分だということです。カードを数枚とったほうが安心なのです。 
*ただし、同じ会社のカードを複数枚持っていても合算されませんので、違った会社のカードを取得してください。よく間違えるのですが、ニコス、DCカード、UFJカード、この3社は今では同じ会社になっていますので、これらは2枚以上あっても合算はできません。

 
 これで晴れて、永年年会費無料で海外旅行傷害保険も生涯無料となります。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。