最新の住宅ローンの評価、口コミ・楽天住宅ローンとGEマネー住宅ローン

ここでは、最新の住宅ローンの評価、口コミ・楽天住宅ローンとGEマネー住宅ローン に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新の住宅ローンの評価、口コミ・楽天住宅ローンとGEマネー住宅ローン


最近は、住宅ローンの潮流もずいぶんかわってきました。特にかつては、住宅金融公庫~銀行ローン~財形ローンなどの流れがありましたが、それも低金利時代になってからは、必ずしも最も効率的で安いとも限らない時代になったといえます。

特に、住宅金融公庫や財形ローンなどは、融資後は必ず自分が住み続けなければならず、賃貸や投資に回すこともできないため、かえって身動きも取れなくなるど、敬遠される理由も出てきています。

そんな昨今、特に新しい住宅ローンで注目を集めているのが、銀行も顔負けの低金利で売り出す、IT系の資金力ある楽天、それに外資系でおなじく巨大な資金量で斬新な商品を作り出しているGEマネーでしょう。SBIなども新らしいいいローンを出していますが、それは明日にでもまた。

まずは、人気の楽天住宅ローンですが、これは20年固定金利のフラット20と35年固定金利のフラット35が共に大人気です。とにかく、2%台の低金利は公庫や銀行の審査の厳しさなどをも尻目に、新しい顧客を凄いスピードで開拓しています。楽天という斬新な企業体質も手伝って、積極的な融資も功を奏しています。「日本で第一位の貸出額を目指す」という会社姿勢はその現れです。

低金利でいながら、積極融資ですので、これは人気もでるでしょう。いい住宅ローンで口コミも好評です。

次に、もし、楽天で不満や問題があるならGE Moneyの住宅ローンもおなじく使いやすいでしょう。外資系の大胆さはこれも特筆物で、35年フラット金利のフラット35は大ヒットとなています。金利も楽天と競合できるレベルで安いです。そして、このGEマネーローンのユニークさは、次のようにそれぞれの立場の人にあわせた住宅ローンを用意していることです。ですので、銀行のような厳しい、難しい、堅い、というイメージの審査での不満も少なく、最初から自分の現状にあったローンを申し込んでいくことができます。

自営業の方
転職3年未満の方
派遣社員の方
契約社員の方
注文住宅をご検討の方
外国の方(for Non-Japanese)
上記に該当しない(スタンダード)


たとえば、銀行にいってローンとなると、自営業者や外国人、派遣社員などの場合は、最初から相当厳しい審査となりますが、GEマネーはそういった人でも可能なローンを準備するということです。ですので、あらかじめ自分でどんな計画を立てられるか、予想もしやすくなります。

楽天とGEマネーはどちらがいい、という比べ方も難しい商品です。両方ともにいいところがあります。金利でけで言えば楽天ですが、幅広さではGEマネーも負けていません。あとは利用する際の判断で、となるでしょう。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。